イベント を読み込み中

« 全ての イベント

学生社会人

日本僑報社で2018年に刊行した本について語る@北京日本人学術交流会

12月14日 @ 18:00 - 21:30

 参加費: RMB220

第340回北京日本人学術交流会においては、
日中関係などの専門出版社、日本僑報社の段躍中氏に2018年に開催された第一回「忘れられない中国滞在エピソード」とこの一年に刊行した本とについて語っていただきます。
日本僑報社は、1996年4月から創業以来約360冊ちかくの日中関連の本を刊行されてきました。
日中平和友好条約締結40周年と合わせて開催された第一回「忘れられない中国滞在エピソード」コンクールhttp://duan.jp/cn/ と表彰式、特に受賞作品集について、映像を鑑賞しながら紹介していただきます。

2018年の主な新刊
『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』http://duan.jp/item/267.html
『心と心つないだ餃子-第一回「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集』http://duan.jp/item/265.html
『習近平はかく語りき』http://duan.jp/item/255.html
『改革開放とともに40年』http://duan.jp/item/262.html
『2050年の中国―習近平政権が描く超大国100年の設計図』 http://duan.jp/item/254.html
『時価総額アジア1位 テンセント帝国を築いた男 馬化騰』http://duan.jp/item/261.html
『「ことづくりの国」日本へ』新装版 http://duan.jp/item/266.html
『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』http://duan.jp/item/206.html
などが注目されています。
第340回北京日本人学術交流会ではそれらの本を中心に2018年の日本僑報社の活動を語っていただきます。また来年の企画も語っていただきます。
参加を希望される方は12月12日(火曜)深夜までに以下のフォームに申し込みください。
◎日時:2017年12月14日(木曜)午後5時半開場、午後6時開始、報告、質疑応答、食事、共同討論などふくめて午後9時半ごろ終了予定。
◎場所:大望京唐食府(建国門長富宮付近)いつもと場所が違うのでご注意ください。
電話13439622231
詳しくは申し込んでくださった方にお知らせします。

◎テーマ「日本僑報社で2018年に刊行した本について語る」

◎講師:段躍中氏(日本僑報社)

◎費用:社会人(企業派遣留学生含む)220元、学生100元

◎言語:主に日本語

詳細

日:
12月14日
時間:
18:00 - 21:30
費用:
RMB220
カテゴリー イベント:

会場

大望京唐食府(建国門長富宮付近)

主催者

北京日本人学術交流会
専用フォームから申込む※クリックすると専用ページにジャンプします