イベント を読み込み中

« 全ての イベント

  • イベント は既に終了しました
学生社会人

円谷英二の生涯を考える@北京日本人学術交流会

4月7日 @ 16:00 - 20:00

 参加費: 社会人200元、学生100元

第317回北京日本人学術交流会においては、日中文化交流カフェ として「円谷英二の生涯を考えるー中国とのかかわりを視野にいれ て」というテーマでの報告が行われます。
ゴジラやウルトラマンで特撮を担当した円谷英二は、世界的な知名 度があります。
中国では若い世代を中心にウルトラマンは、大きな影響力を持って います。
しかし、その生涯は意外と知られてはいません。
ここでは中国とのかかわりも視野に入れて映像などを交えながら円 谷英二の生涯を考え、日本の特撮文化を共同討論できればと考えま す。
貴重な機会となるでしょう。(なお直前のお知らせになり申し訳あ りません。5日から7日までが連休で8日が振り替え休日ですので 、4月7日(土曜)の開催とさせていただきます。)
参加を希望される方は、4月6日(金曜)深夜までに以下のフォー ムまでお申し込み下さい。よろしくお願い致します。

◎第317回北京日本人学術交流会
◎日時:2018年4月7日(土曜)午後3時半開場、午後4時開 始、報告、質疑応答、食事、共同討論などふくめて午後8時ごろ終 了予定。
◎場所:亮馬橋幸福ビルB座中華レストラン京味菜の一室(詳しく は申し込んでいただいた方にお知らせします。)
◎テーマ:日中文化交流カフェ「円谷英二の生涯を考えるー中国と のかかわりを視野にいれて」
◎報告者:  山口直樹(北京日本人学術交流会責任者)
◎参加費:資料代、運営費、食事代
社会人(企業派遣留学生含む)200元、学生100元
◎言語:主に日本語
要旨
北京日本人学術交流会では、日独共同制作の映画、『新しき土』( 1937)を上映し、共同討論を行ったことがある。「新しき土」 とは「満州国」のことなのだが、
実はこの映画で特撮を担当していたのが、円谷英二であった。
円谷英二といえば即座にゴジラやウルトラマンのことが、連想され るが、それ以前にも多くの仕事をしてきている。
たとえば『ハワイマレー沖海戦』のような国策戦争映画の特撮も円 谷英二によるものであった。
そのため円谷英二は、戦後しばらくの間、公職追放となっていたこ とがある。
ゴジラやウルトラマンを撮影するのは、そのあとのことであった。
ここでは、中国とのかかわりを視野に入れてあまり知られていない 円谷英二の生涯を映像などを交えて報告することにしたい。
多くの方々と日本の特撮文化について共同討論できれば幸いである 。

詳細

日:
4月7日
時間:
16:00 - 20:00
費用:
社会人200元、学生100元
カテゴリー イベント:

会場

亮馬橋幸福ビル中華料理店京味菜の一室

主催者

北京日本人学術交流会
イベント終了